ホワイトニング・PMTC

歯の本来の白さを取り戻すPMTC

PMTCとは

PMTCとはPMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning の略です。すなわち、歯科医師、歯科衛生士などの有資格者による、専門機器を使った歯のクリーニングです。歯の表面には、最近の集合体であるバイオフィルムや、ステインが付着しています。PMTCでは、それらを徹底的に取り除きます。また、PMTCの仕上げとして、フッ素を塗布することで、歯質が強化され虫歯になりにくくする効果もあります。

当院では、ホワイトニングの効果を最大限に発揮させるために、ホワイトニング前には必ずPMTCを行います。

PMTCの流れ

1染め出し

染め出し液を使用して、日ごろの歯磨きの状態を確認し、正しいブラッシングのやり方をお伝えします。

2バイオフィルム、ステインの除去

歯と歯の間や、歯の溝の汚れを徹底的に除去します。また、歯のクリーニング専用のペーストを塗布し、歯面を清掃することで、バイオフィルム、ステインを取り除きます。

3仕上げ磨き

歯の汚れを取り除いた後は、歯の表面を磨いていきます。
当院では、リナメルを使用します。リナメルには、歯とほぼ同じ成分のハイドロキシアパタイトが配合されています。歯の表面には普段の歯ブラシで細かな傷がついていますが、その傷をハイドロキシアパタイトが埋めていくことで、歯の表面がツルツルになり、汚れがつきにくくなります。また、ホワイトニング後に後戻りしにくくなります。

4フッ素を塗布し歯質強化

汚れがない状態で塗布することで、より多くのフッ素が取り込まれ効果的です。

パールストリート歯科のホワイトニングシステム
~痛みの少ないホワイトニング~

三宮でホワイトニングならパールストリート歯科

ホワイトニングは、食生活、加齢、遺伝などで変色した歯を、専用の薬剤を使用して、歯の着色汚れを漂白する方法です。当院では、効果が高く、安全なお薬を使用しております。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング仕事中や自宅などで、ご自身でホワイトニングをする治療をホームホワイトニングといいます。
型取りをして、患者様のお口に合わせたマウスピースを作成し、薬剤をいれて2~4時間装着します。オフィスホワイトニングと比べて濃度が低い薬剤を使用するので、すぐに白さを実感できるわけではありませんが、刺激が少ないので知覚過敏になりにくく、また透明感のある仕上がりになります。
オフィスホワイトニングに比べて後戻りしにくいので、最も確実に白さを維持できる方法です。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット
メリット
  • オフィスホワイトニングと比べて、白さが長持ちする
  • 都合の良い時間に取り組める
  • 低濃度の薬剤を使用するため、知覚過敏が起きにくい
  • トレーは繰り返し使用できるため、次回はホワイトニング剤を購入するだけでよい
デメリット
  • 1日あたりの漂白効果が低い(1日だけではよく分からないことがある)
  • 2週間以上の期間を要する

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングなら三宮のパールストリート歯科歯科医院にて、比較的高い濃度のホワイトニング剤を用い、少ない回数で歯を白くします。
多くの方が、1回でその効果を実感されています。ただ、ホームホワイトニングと比べて後戻りしやすいため、
ホームホワイトニングと組みあわせることをおすすめします。

当院では、オパールエッセンス BOOSTを使用します。こちらは、光を照射しない新しいタイプのホワイトニング材です。歯科医院にて歯科医師の指導の下でのみ取り扱いできます。従来のものと比べて高価ですが、短時間で効果を実感していただけます。

オパールエッセンスBOOSTには、主に次のような特徴があります。

オパールエッセンスBOOSTの特徴

①光照射タイプではないので、痛みがでにくく、白さにムラが生じにくい

従来のオフィスホワイトニングは、光照射タイプですが、薬剤の熱反応で白くしていきます。光照射タイプは、温度が高くなるこことで痛みが出やすい、白さにムラがでやすいなどの欠点がありました。 しかし、オパールエッセンスBOOSTは、光照射を利用しないので、痛みがでにくく、白さにムラが生じにくくなります。

②エナメル質を強化する

知覚過敏に有効とされている硝酸カリウムとフッ素が配合されており、薬剤がしみるのを抑え、さらにエナメル質を強化する効果があります。

③ホワイトニング材を常に新鮮に保つことができるので、効果が落ちない

ホワイトニング材は新鮮さが命です。従来のシングルシリンジタイプでは、温度差に弱く、夏の高温に薬が分離して、効果が落ちることがありました。オパールエッセンスBOOSTは、過酸化水素と活性剤を混和するため、ホワイトニング材を常に新鮮に保つことができます。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット
メリット
  • 少ない回数でホワイトニング効果が得られる
  • 歯科医院で行う施術であるため、高濃度の薬剤を使用できる
デメリット
  • ホームホワイトニングと比べると色の後戻りがやや早い
  • 高濃度の薬剤を使用するため、知覚過敏が起きやすい

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたコースです。
もっとも高い効果が得られ、さらにその白さが長持ちします。

こんな方におすすめ
  • 歯の白さを追求したい方
  • 即効性と持続性を両立させたい方
  • 以前にオフィスホワイトニングだけまたはホームホワイトニングだけの施術を受けたが、効果が不十分だった方
デュアルホワイトニングのメリット・デメリット
メリット
  • もっとも高い漂白効果が得られる
  • もっとも長くその白さが持続する
デメリット
  • オフィスホワイトニングまたはホームホワイトニング単独で受ける場合と比べると、痛みを起こしやすい

PMTC・ホワイトニングの費用

※税込価格です。

内容 料金
PMTCフルコース
(歯石除去+ステインオフ+ポリッシング+リナメルトリートメント+フッ素塗布+歯肉マッサージ)
6,820円
パールホワイトニングコース(ホームホワイトニング+PMTC2回)
⇒開院記念 20%OFF
31,680円
プレミアムホワイトニングコース
(PMTCフルコース+ホームホワイトニング+PMTC2回+オフィスホワイトニング)
⇒開院記念 20%OFF
66,000円
ジェル1本 2,750円

ホワイトニングQ&A

知覚過敏なのですがホワイトニングで歯がしみたりしませんか?

当院では、痛んだりしみたりといった症状を起こしにくいホワイトニングを導入しております。ただ、もともと知覚過敏である方は、どうしてもホワイトニングの際も痛んだりしみたりしやすくなります。
知覚過敏の治療を先に行うこともできますので、一度ご相談ください。

差し歯でもホワイトニングは可能ですか?

ホワイトニングそのものは可能ですが、セラミックなどの差し歯の色が白くなることはありません。その他、神経を抜いた歯、インプラントの上部構造、薬品によって変色を起こした歯も、漂白効果は期待できません。
色調のバランスの乱れがご不安な場合には、別の方法で対応させていただきますので、まずは一度ご相談ください。

妊娠中、授乳中でもホワイトニングできますか?

大変申し訳ありませんが、妊娠中・授乳中のホワイトニングは、安全性が証明されていないので、施術をお断りさせていただいております。
PMTCでしたら、お受けいただけます。特に妊娠中は女性ホルモンの影響で歯肉が腫れやすくなるため、たいへんおすすめです。

「これぐらいの白さがいい」と白さの調整は可能なのでしょうか?

はい。最初に色見本を見ながら、理想とする白さを確認し、その白さを目指してホワイトニングを行います。
ただ、歯質によって漂白効果には差がありますので、完全に色見本と同じ白さになるとは限りません。色見本の白さに限りなく近づけたい場合には、ホームホワイトニングで少しずつ白くしていく方法がおすすめです。

ホワイトニング後に注意することはありますか?

24時間は色の濃い食べ物(カレー、コーヒー、紅茶など)を控えてください。

TEL 078-940-263124時間WEB予約
TOP
TEL 078-940-263124時間WEB予約 TOP

兵庫県神戸市中央区山本通1丁目3番1号
ペアレンガーテン1F

TEL 078-940-2631